群馬県立女子大学:美学特講12:レポート課題

以下の中から一問を選び、4000字以上で論ぜよ。4000字以上の日本語で論ぜよ。なお、提出の際は提出用フォームにアクセスし、マイクロソフトワードの添付書類として提出すること。レポートの提出期限は2月1日(木)9:00(時間厳守)とする。

(a)

今回の講義の内容をできるだけ簡潔にまとめよ。

(b)

喜劇における遅延効果(delaying effects)とは何か。講義で扱った『踊らん哉』以外の、アステア&ロジャースが主演したミュージカル映画(DVDで入手しやすいものは『トップ・ハット』『艦隊を追って』『有頂天時代』『気儘時代』など)のうち、任意の作品を一つ以上選び、具体的に説明せよ。

(c)  “integrated musicals” とはどんなものか。講義で扱った『オクラホマ!』『サウンド・オブ・ミュージック』以外の、オスカー&ハマースタインによるミュージカル(DVDで入手しやすいものは『南太平洋』『王様と私』『回転木馬』『ステート・フェア』)のうち、任意の作品を一つ以上選び、具体的に説明せよ。その際、取り上げた作品がどの程度 “integraged” されているかについて必ず言及すること。

(d) “backstage musical” とはどんな特徴をそなえたミュージカルか。講義で扱った『踊らん哉』『ショウ・ボート』『雨に唄えば』『バンドワゴン』『キャバレー』以外の代表的なバックステージもののミュージカル(DVDで入手しやすいものは『トップ・ハット』『ブロードウェイ・メロディ』『イースター・パレード』『コーラスライン』『プロデューサーズ』など)のうち、任意の作品を一つ以上選び、具体的に説明せよ。その際、取り上げた作品がどの程度「バックステージもの」のミュージカルの約束事をまもっているかについて具体的に言及すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください