曾我廼家五郎(喜劇俳優)

△ 曾我廼家五郎(喜劇俳優)

喜劇の神髄を得た物とは言へないが、確かに時代に向いた新らしい呼吸(いき)だけは備へて居る、謂はば健気なものである、藝の妙所は兄の十郎に任せて、此優(このひと)

は唯世に踏張つて強い気勢を見せて居る、藝として言へば重い動き汚ない音調、時に女形などを買つて出て気味の甚だよろしくない処を見せ、遠慮無く悩ませるが、然し其れが即ら此優の健気な呼吸で、世に猛進する処なのだ、拙(まず)くとも決して兄の旨い藝に負ない呼吸、何でも彼んでも大きな俳優(やくしゃ)である。

This entry was posted in 日本近代演劇. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>