And Tell Sad Stories of the Deaths of Queen

大学院の授業でウィリアムズの And Tell Sad Stories of the Deaths of Queens(元ネタは『リチャード二世』のなかの台詞、”And Tell Sad Stories of the Deaths of Kings”)読む。死後発表された一幕物で、ウィリアムズ作品としては唯一、ドラーグ・クイーンが出てくる。キャンプ感覚満載で面白い。主人公キャンディがかつて「パパ」と出会ったのがジョージア州アトランタだとか(もちろん『風と共に去りぬ』の舞台)『アニーよ銃を取れ』のナンバー Doin’ What Comes Naturally(ベティ・ハットンではなく降板したジュディ・ガーランドが思い出される)を答えにするとか。サブカルチャーへの目配り、自作のセルフパロディだととれる人物設定、爆笑ものの結末など、「ウィリアムズ」が「70年代に」完成させたということすら疑わしいが、57年頃手をつけたというからリディキュラス・シアトリカル・カンパニーよりもちろんクシュナーよりもずっと早いキャンプ演劇の傑作。

This entry was posted in ミュージカル以外のアメリカ演劇. Bookmark the permalink. Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>