Cradle Will Rock (1999)

なぜか以前書いたままアップロードしていなかった。

非常勤先ではアメリカ演劇史を教えているのだが、今日は連邦演劇計画(Federal Theatre Project)について説明した。

前週の範囲のメロドラマの解説が終わっておらず、そこからはじめて、結局今日も全部は終わらなかったのだが、講義で見せようと思って前日に Cradle Will Rock (1999)を久しぶりに見た。

はじめて気づいた。これって Band Wagon (1953) の本歌取りになっているじゃないか! なぜ今まで気がつかなかったのか。

本番直前のリハーサルが準備不足でめちゃくちゃになる。舞台装置が落っこちてきたり、俳優が出はけのきっかけを間違えたりする。

実話に基づいているとはいえ、入念な準備をもって鳴らした Orson Wells のことだから、まさか本当にそんなことがあったわけではないだろう、話を大げさにして面白おかしく語っているのだ、と漠然とは思っていた。

これはBand Wagon のなかで、Jeffrey Cordovaの構想のもと作られる新しいファウスト伝説がとてつなく壮大なものになり、きっかけが多すぎて俳優たちは混乱し、稽古不足から失敗を重ね、本番直前のリハーサルがめちゃくちゃになる、というところを持ってきているのである。

連邦演劇計画で Band Wagon が上演されたというニュースが挿入されるのは、制作者側が自分のネタをバラシているのだ。実際にこの時期に、Band Wagon という作品が上演されたという記録は(調べたかぎりではない)。

ちなみに Cradle Will Rock を『ゆりかごは揺れる』と訳すのは間違いではないか。劇中で何度も言及されるように、cradle とは権力の象徴であり、それが「ぐらつくことがある」(rock)という意味で言っているのならば、「ゆりかごが揺れる」というごく当たり前の事象にたとえるわけはない。

Federal Theatre Project をフェデラル劇場プロジェクトと訳すのはいただけない。日本語版ウィキペディアでは連邦劇場計画となっており、たしかに「連邦劇場」は各地に作られたわけだが、しかしやはり「連邦演劇計画」と訳すべきだろう。

This entry was posted in ミュージカル, ミュージカル以外のアメリカ演劇. Bookmark the permalink. Trackbacks are closed, but you can post a comment.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>