科学研究費・基盤研究(B):「日本の地域素人演劇の包括的研究」公開研究集会

日時:2019年6月22日(土)16:30-18:00
場所:成蹊大学4号館ホール(交通アクセスおよびキャンパスマップ
発表者:五島朋子(鳥取大学教授)・本橋哲也(東京経済大学教授)・中川眞(大阪市立大学教授)
ディスカッサント:長谷川宏(哲学者)
司会:日比野啓(成蹊大学教授)

入場無料・事前申込は不要です。

16:30-17:00:「超高齢社会における素人演劇の可能性:シニア演劇を事例として」五島朋子

17:00-17:30:「函館野外劇と文化的アイデンティティ」本橋哲也

17:30-18:00:「紙芝居劇団「むすび」の挑戦」中川眞

科学研究費・基盤研究(B):「日本の地域素人演劇の包括的研究」(研究代表者:小田中章浩)では、ヘーゲルの研究・翻訳で名高い長谷川宏さんをディスカッサントに迎え、演劇研究者のみならず地域市民演劇や社会包摂型アートに関心のある全ての方を対象に公開研究集会を実施します。


戦後、燎原の火のごとく広がったアマチュア演劇運動は、その主張や実践形態において戦前の素人演劇運動と多くの共通点を持ちながら、その左翼主義的傾向ゆえに先行運動と袂を分かち、左翼運動が退潮する1970年代においてほぼ終息しました。だが80年代以降も演劇作品の上演に取り組む非専門家たちの集団は存続し、地域で活発な活動を続けています。とりわけ、90年前後からの地方創生の機運に乗り、地域住民の関心の多様化、社会における階層格差の固定化、高齢化といったさまざまな要因を反映した「新しい」地域市民演劇を見ていくと、演劇という制度についての再考すら迫られるような、きわめてユニークでラジカルな試みがなされていることがわかります。

2017年に開始した本プロジェクトでは、大都市圏でプロが上演する演劇と似ているようで異なるそうした「演劇」と社会との関係を、綿密な実地調査と取材にもとづいて明らかにしてきました。北は北海道札幌市から、南は沖縄県うるま市まで、ジャンルもミュージカル・宝塚ふうレヴュー・里神楽・新劇・小劇場と多彩にわたる地域市民演劇についての調査研究の成果の一部をプロジェクトに属する三人の研究者が発表します。

当日は同じ会場で13時より、山本良子映画監督が撮った『僕らのハムレットができるまで』が上映されます。長谷川さんがはじめた小中学生対象の学習塾・赤門塾で毎年3月に行われる演劇祭についてのこのドキュメンタリー映画を鑑賞した後、関係者による座談会が開催されます。詳しくはこちらをご覧ください。

30分の休憩後、16:30より公開研究集会を実施します。各発表者による約20分の発表に続いて、長谷川さんからの質問に答えるかたちで、議論を行い理解を深めていきます。

続きを読む 科学研究費・基盤研究(B):「日本の地域素人演劇の包括的研究」公開研究集会